★可燃物給湯器 KSB-900型★

★可燃物給湯器 KSB-900型

               =特許登録済み=
加圧式燃焼装置(特許第5840318号)

新しい燃焼方法・炉内加圧燃焼方式

燃料と燃焼空気を混合して燃焼炉内に圧送することにより、

今までになかった素晴らしい燃焼効果が実現しました!

特 長

●亜燃焼室内により多くの空気を送ることが出来るので煙や煤の発生が非常に少ないです。
●燃料混入器で燃料を圧送するので投入口からの逆流も無く燃焼室上部からの燃料の投入が容易です。
●燃焼室が円筒形で燃料投入時に旋回流が発生し、可燃ガスと空気の混合が良好で理想的な燃焼が出来ます。
●上記旋回流により燃焼室内がサイクロン集塵機の機能を発揮します。
●燃焼後の灰は燃焼室下部に残り、その上に燃料が供給され順次燃焼を維持するので、長時間の安定した燃焼も可能で、従来のロストルを用いた燃焼炉と比較すると燃焼に応じた灰の処理が不要です。

仕 様 ・ 寸 法

KSC900仕様

KSB700の燃焼時テスト表
カタログksb-900

  • このエントリーをはてなブックマークに追加